【完全保存版】サッカー イングランド代表 徹底解説!!

サッカー
スポンサーリンク

みなさんこんにちは。

好奇心大学生Rです。

今日は、サッカーイングランド代表について、徹底解説していきたいと思います。

イングランドは昔からサッカーが強く、サッカーの生まれの国でもあります。

現在も、若手からベテランまで、チップ選手が幅広く在籍しており、W杯でも良い結果を残し続けています。

では早速行きましょう!!

イングランド代表のEURO、W杯の成績は?

UEFA欧州選手権(EURO)

  • 1968年:3位
    • イタリアで開催されたこの大会で、3位に輝く。
  • 1996年:準決勝進出(3位相当)
    • 自国開催のこの大会では、ゲーリー・リネカーやアラン・シアラーなどのスター選手たちが躍動し、準決勝まで進出。惜しくもドイツにPK戦で敗れる。
  • 2020年:準優勝
    • 延期されて2021年に開催されたこの大会で、イングランドは決勝に進出。ウェンブリー・スタジアムでの決勝戦ではイタリアと対戦し、PK戦の末に惜しくも準優勝となった。

FIFAワールドカップ(W杯)

イングランド代表と言えば、1966年のワールドカップ優勝が最も有名。

主な成績はこんな感じ。

  • 1966年:優勝
    • 自国開催のこの大会で、ボビー・チャールトンやゴードン・バンクスなどの名選手たちが活躍。ウェンブリー・スタジアムで行われた決勝戦では、西ドイツを4-2で破り、見事初優勝を果たす。
  • 1990年:4位
    • イタリアで開催されたこの大会では、ボビー・ロブソン監督の下、イングランドは準決勝に進出。ドイツとの試合はPK戦の末に敗れましたが、4位という好成績を収める。
  • 2018年:4位
    • ロシアで開催されたこの大会で、ガレス・サウスゲート監督率いる若いチームが大躍進。準決勝まで進みましたが、クロアチアに延長戦で敗れ、4位。

EUROはどこで見れる?

EUROは全試合アベマにて生中継しています!

ABEMAの公式サイトはこちらから

また、wowwowでも見れるので、ぜひご覧ください!

監督

ガレス・サウスゲート

1970年9月3日生まれ。現役時代はディフェンダーとしてプレミアリーグのクリスタル・パレス、アストン・ヴィラ、ミドルスブラで活躍。

2016年にイングランド代表監督に就任し、2018年のワールドカップでチームを準決勝に導く。

また、2020年のEUROではイングランドを準優勝に導くなど、代表チームの躍進に貢献している。

イングランド代表監督といえばサウスゲート監督といっていいほど長い間代表チームを指揮しており、手腕を高く評価されていることがうかがえる。

フォーメーション

イングランド代表は、基本4-2-3-1で戦っている。

ただ、個々の選手のレベルがかなり高いので、可変型のフォーメーションも試しているように感じる。

イングランド代表は、毎回みるたびにフォーメーションが違うので、そこも戦略の一つだと感じている。

ユニフォーム

イングランド代表は白を基調とした上品なユニフォームであることが特徴。

イングランド代表といえば白といった伝統あるチームだと思う。

ホーム

アウェー

アウェーユニフォームはあまり着ているのがもいたことはないが、EUROで見れるだろうか。

有名選手紹介

イングランド代表には、有名選手が数多くいます。

最終項では、イングランドの有名選手について紹介していきたいと思います!

MF ジュード・ベリンガム

2003年6月29日生まれで、非常に若いながらも既に注目を集める。

バーミンガム・シティのユースアカデミー出身で、ドイツのボルシア・ドルトムントに移籍し、さらにスペインのレアル・マドリードへと移籍。

卓越した技術と視野、運動能力を持ち、攻守両面で貢献できる選手として評価されている。

イングランド代表でも中心的な役割を果たし、未来のスターとして期待されている。

GK ジョーダン・ピックフォード

安定したセービング技術と反射神経の速さで知られる。

1994年3月7日生まれで、サンダーランドのユースアカデミー出身。

数々のレンタル移籍を経て経験を積み、エヴァートンに移籍し、クラブの守護神として活躍。

2018年のFIFAワールドカップで注目を集め、特にペナルティシュートアウトでの活躍が評価される。

安定したプレーと冷静な判断力で、イングランド代表の守備の要として信頼されている。

DF カイル・ウォーカー

スピードと守備力に優れ、攻守両面で高いパフォーマンスを発揮。

トッテナム・ホットスパーでの活躍を経て、マンチェスター・シティに移籍し、クラブの数多くのタイトル獲得に貢献。

代表では経験豊富な選手として信頼され、チームのディフェンスラインを支える重要な存在。


DF トレント・アレクサンダー・アーノルド

リヴァプールのユースアカデミー出身。

卓越したパス能力とクロス精度、攻撃的なプレースタイルで知られ、若いながらもリヴァプールの主力選手として多くのタイトル獲得に貢献。

特にプレミアリーグとチャンピオンズリーグでの活躍が評価される。

イングランド代表でも攻撃の起点として重要な役割を果たし、将来のリーダーとして期待されている。

DF ジョー・ゴメス

チャールトン・アスレティックのユースアカデミー出身。

2015年にリヴァプールに移籍し、堅実な守備力とスピードでチームの守備陣に貢献している。

複数のポジションをこなせる柔軟性があり、右サイドバックとしてもプレーできる。

度重なる怪我にも負けず、復帰後も高いパフォーマンスを維持し、クラブと代表の両方で重要な役割を担う。

代表では将来の守備の要として期待される。

DF キーラン・トリッピアー

主に右サイドバックとして活躍。

1990年9月19日生まれで、マンチェスター・シティのユースアカデミー出身。

バーンリーでプロデビュー後、トッテナム・ホットスパーでその才能を開花させ、アトレティコ・マドリードに移籍してリーガ・エスパニョーラのタイトルを獲得。

2021年にはニューカッスル・ユナイテッドに移籍し、経験豊富な守備力と優れたクロス能力でチームに貢献している。

代表でもワールドカップや欧州選手権で重要な役割を果たし、セットプレーの精度でも評価される。

MF デクラン・ライス

チェルシーのユースアカデミーを経てウェストハム・ユナイテッドでプロデビュー。

優れた守備力とパス能力を持ち、中盤の要としてチームに安定感をもたらす。

2023年にはアーセナルに移籍し、プレミアリーグでもトップクラスのミッドフィールダーであると思う。

代表では若くしてリーダーシップを発揮し、欧州選手権やワールドカップで重要な役割を果たしている。

MF フィル・フォーデン

マンチェスター・シティのユースアカデミー出身。

卓越したボールコントロールと創造性、得点能力で知られ、若くしてマンチェスター・シティの主力選手となっている。

数々のタイトル獲得に貢献し、特にプレミアリーグとチャンピオンズリーグでの活躍が目立つ。

代表でもその才能を発揮し、攻撃の中心として期待されている。

将来のスターとして高い評価を受けており、今後の成長が楽しみな選手だ。

MF コビー・メイヌー

若くしてマンチェスターユナイテッドでプレミアデビューし、繊細なボールタッチと広い視野で中盤をかき乱す。

メイヌーがいると攻撃に厚みができ、DFを2人ひきつけることができるので、チームの流れが悪い時も一人で流れを変えることができる。

この若さでこのクオリティであると、メッシのような歴史に残る選手になるかもしれない。

FW ブカヨ・サカ

アーセナルのユースアカデミー出身。

スピードとテクニックに優れ、若いながらもクラブと代表で重要な役割を果たす。

2020年にはプロデビューを果たし、その後はアーセナルでレギュラーとして定着。

スピードとドリブルの能力で相手ディフェンスを翻弄し、得点やアシストを量産。

代表では2020年の欧州選手権で注目を集め、若手ながらも安定したパフォーマンスを見せる。

将来のイングランドサッカー界の中心的存在として期待されており、その成長が注目されている。

FW ハリー・ケイン

トッテナム・ホットスパーのユースアカデミー出身。

圧倒的な得点力と戦術理解力で知られ、プレミアリーグで数多くの得点を挙げ、リーグ得点王のタイトルも獲得している。

【Yahoo!トラベル】取り扱い施設数が約17000施設!!国内最大級宿泊予約サイト

また、イングランド代表でも主将を務め、数々の大会でゴールを量産し、チームの中心的存在として評価される。

高い戦術理解力とフィジカルの強さは、相手ディフェンスにとって常に脅威となっている。

将来的にはイングランド代表の歴史に名を刻むストライカーとして記憶されることだろう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、イングランド代表について徹底的に解説してみました。

イングランドは若手も多く、世界中の宝である選手がかなりいると思います。

次回のW杯優勝も夢ではないでしょう。

ただ、格下に対して、あわや負けてしまうような引き分けや1-0での辛勝なども多いので、油断は禁物です。

EUROの決勝トーナメントも楽しみに見たいと思います!

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました